1. <cite id="kuhsu"><noscript id="kuhsu"></noscript></cite>
      <rt id="kuhsu"><meter id="kuhsu"></meter></rt>

      <rp id="kuhsu"></rp>

      1. 中文網站 | English  | Weather:
        mobanwang

         南寧青秀山旅遊風景名勝區(以下は観光エリアと略稱します)は南寧市區中心、延々と流れている邕江北岸にあり、企畫面積は13平方キローメートル、完工した開放観光エリア面積は6平方キローメートルです。観光エリア內の群峰は起伏のある山が続いて、樹林が鮮やかな緑色、巖が奧深い、山が高くて険しい、泉が澄み、石が奇異、南亜熱帯植物景観を特徴として、負の酸素イオン濃度の高い、ユニークな自然レジャーの酸素バーを形成した、「山は高くないが奇麗、水は深くないが澄み」によって有名で、南寧市「都市緑肺」、「緑城鸂翠、チワン族鳳凰」として知られています。

         青秀山の通稱は「青山」といい、海抜は289メートル、南寧市區の最高點です。その歴史が長い、東晉時、道士の羅秀は山で錬金術を行ったことがあります。唐、宋、元、明、清期間、山に孤獨廟、青山寺、萬壽寺、三寶堂等多くの寺や廟があり、また白雲精舎、竹味山房、龍象塔、董泉亭、洞虛館など園林建築があります。明末後、いくつかの戦亂後、寺や廟の建築が破壊された、遺跡は雑草が生い茂ります。唯一殘っている明清朝の部分有名人の古典詩歌があります。

         観光エリアの前身は青山林場です。1984年、南寧市人民政府は青秀山観光エリアを開発し再構築することに決定した、多年の回復と開発建設を経って、既に30箇所の様々な観光名所があります。山中の植物は4516種に達し、國家一級保護植物は72種、國家二級保護植物は109種があります。観光エリアは98%の緑化率、松、火力ナンを主要な樹木の種類とする狀況を大幅に変えた、生物群系が非常に豊富で、木材、ロジンなど林業生産から生態保護と植物景観建設と組み合わせる観光産業となりました。自治區と南寧指導者は観光エリアの生態保護と開発建設を重視し、風景區と古跡新景は互いに輝いて、園林美景は互いに引き立て合って興味をもたせ、グリーンタウン南寧市の最も美しい風景ラインになっています。観光、レジャー、娯楽、研究と科學を一體となるような生態観光エリアです。

         1989年に自治區レベル景勝地、1997年に南寧市「トップ10のアトラクション」、2000年に全家第1陣AAAAレベル景勝地、2005年と2009年に全國文明風景區先進単位と評価されました。2010年に南寧市「最も急成長しているAレベル景勝地」を光栄にも獲得しました。胡錦濤、江澤民、賈慶林、呉官正、呉儀、回良玉等黨と國家リーダーを接待しました。現在、観光者の接待は220萬人以上です。
         


        View Services       Take a Tour

        狀元泉

        青秀山景勝地の帽子嶺にあり、伝説によると、古代に、青秀山の麓にいる一人の書生は貧乏で、主に柴を刈ることに頼って生活し、時には物乞いだけで得ることができます。書生は極めて困難である條件で、一生懸命勉強、長期的な絶え間ない、最後に科挙の最高の試験で第1位の成績で合格になりました。伝説によると、書生は山へ柴を刈りに行く時、よくこの泉辺で休息や読書、この泉水で渇をいやし飢えをしのぎ、これによって狀元泉と呼ばれています。この泉水は環境保護で清冽で、また可動心に強く訴えるような奮起して物事に集中する伝説があり、今毎日、列に並んで水を取る市民がいます。観光者も飲んで味わいます。狀元泉は泉で風景となり、狀元閣、探花廊、榜眼軒等文化観光名所は古代中國の科挙制度と狀元文化を再現しました。


          風景を展示

        小草手机在线视频